美しい海!宮古島でダイビングを楽しもう!

ライセンスがない人も宮古島のスキューバダイビングを楽しめます

宮古島に行くためにはどうすれば良いのでしょうか。
島へのアクセス方法は、羽田や関西エリアからの直行便を利用する方法と沖縄の那覇空港で宮古島行きの飛行機に乗り換えれば良いのです。
ツアーを利用すれば、航空運賃も格安料金、ツアーを選びたい人も多いのではないでしょうか。
宮古島の中でのマリンスポーツと言うとスキューバーダイビングが有名です。
スキューバーダイビングはライセンス資格を持っていないと出来ません。
しかし、体験ダイビングコースの場合は、今まで一度もダイビングをした事がない人を対象にしているので、宮古島のサンゴ礁、色とりどりの魚達を近くで見る事が出来ます。
体験ダイビングなら、観光目的で宮古島に出掛けた時にも気軽に出来るので、一度体験してみては如何でしょうか。

当日飛行機に搭乗する時にはダイビングは控えなければなりません

宮古島の中にあるダイビングショップの大半が、ダイビングライセンスでもあるCカードを持っていなくても体験する事が出来るコースを用意しています。
水着やタオル、着替えなどを用意しておけば、後はショップがすべて用意してくれるので、手ぶらでスキューバダイビングを楽しむ事も出来ます。
酸素ボンベから供給する酸素を使って水中で呼吸が出来る、30分から40分などの時間の中で水中散歩を楽しめます。
但し、体験ダイビングや一般的なファンダイビングなどに関係なく、当日大阪や東京に帰るために飛行機に搭乗する場合は減圧症のリスクがあるので控えなければなりません。
宮古島だけではなく、ダイビングを楽しむ時には当日飛行機に乗らない時を狙う事が大切です。